エレキギター

Fender Made in Japan Traditional Late 60s Stratocaster (3-Color Sunburst)

webmaster

ヴィンテージの魅力と日本の匠の技が融合した一品

こんにちは、楽器紹介サイトMusic Gear Japan編集部のKANです。今回は、Fender Made in Japan Traditional Late 60s Stratocaster (3-Color Sunburst)についてご紹介します。このギターは、クラシックな60年代のデザインと現代の品質を兼ね備えたモデルで、多くのギタリストに愛されています。

KAN
KAN

さて、今月の注目機材を紹介しようか。NAOTO、まずは「Fender Made in Japan Traditional Late 60s Stratocaster」から詳しく教えてくれる?

NAOTO
NAOTO

もちろん。このモデルは1960年代後半のクラシックなストラトキャスターのデザインを再現しているんだ。ボディはバスウッド製で、軽量で扱いやすいんだよ。

KAN
KAN

軽量っていうのはライブ演奏とかで重要だよね。他に特徴的な部分は?

NAOTO
NAOTO

ネックはメイプルのUシェイプで、指板はローズウッド。9.5インチのラジアスだからモダンな演奏スタイルにも対応しやすいんだ。

KAN
KAN

9.5インチのラジアスって具体的にどう影響するの?

NAOTO
NAOTO

弦高が低くても音詰まりしにくくて、フィンガリングがしやすい。特に速いフレーズを弾くときにメリットが大きいよ。

KAN
KAN

ピックアップはどんな感じ?

NAOTO
NAOTO

ヴィンテージスタイルのシングルコイルが3つ搭載されていて、クラシックなフェンダートーンを再現できる。トーンとボリュームコントロールもシンプルで使いやすいよ。

KAN
KAN

魅力的だね。ブリッジについても教えてくれる?

NAOTO
NAOTO

ブリッジは6サドルのヴィンテージスタイルSynchronized Tremolo。ビブラートやトレモロアームを使った表現がしやすく、安定したチューニングを維持できる。

KAN
KAN

ナット幅とかも気になるんだけど、どのくらい?

NAOTO
NAOTO

ナット幅は42mmで、日本人プレイヤーの手に馴染みやすいサイズだよ。演奏がしやすいんだ。

KAN
KAN

なるほど、他にも何か特徴はある?

NAOTO
NAOTO

ボディフィニッシュはグロスポリエステルで、耐久性が高い。ヴィンテージルックを保ちながら、現代のニーズにも応えているんだ。

KAN
KAN

価格はどうなの?

NAOTO
NAOTO

価格は126,500円(税込)で、ソフトケースも付属しているから、コスパも良いよ。

KAN
KAN

それはお得だね。ありがとう、NAOTO。他にもエフェクターや最新の音楽アプリもチェックしてるから、次はそれらについて話そうか。

デザインと仕様

このモデルは、バスウッドボディにグロスフィニッシュが施され、ヴィンテージスタイルのシンクロナイズドトレモロブリッジが搭載されています。メイプルネックはUシェイプで、9.5インチラジアスのローズウッド指板に21本のヴィンテージスタイルフレットが配置されています。ピックアップは、ヴィンテージスタイルのシングルコイルを3基搭載し、5ポジションブレードスイッチで多彩な音色が楽しめます。

音質と演奏性

ヴィンテージトーンをリアルに再現するオリジナルピックアップと、日本製ならではの高品質なクラフトマンシップにより、クラシカルな演奏性を提供します。細めのナット幅は、日本のプレイヤーにも馴染みやすい設計となっています。

まとめ

Fender Made in Japan Traditional Late 60s Stratocasterは、ビンテージ感溢れるデザインと現代の製造技術を融合させたギターです。クラシックなスタイルと高い演奏性を求めるギタリストにとって、最適な一台です。


詳細はこちらをご覧ください。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Music Gear Japan
Music Gear Japan
編集部
KAN
Music Gear Japanの編集長であり、サイト全体のコンテンツと方向性を監督しています。彼の情熱は、最新の音楽機材からクラシックな楽器まで、幅広い音楽の世界に広がっています。読者に対して深い洞察と実践的なアドバイスを提供することを目指しています。

NAOTO
副編集長のNAOTOは、音楽プロデューサーとしての経験を活かし、Music Gear Japanのコンテンツ制作をリードしています。彼は特にデジタル音楽機材と最新の音楽テクノロジーに精通しており、常に最先端の情報を提供することに力を入れています。読者に対して革新的で有益な情報を届けることです。
記事URLをコピーしました