アンプ関連

Aguilarの定番ベースアンプ「TONE HAMMER 500」「AG 500」がアップデートして新登場!

webmaster

耳の肥えたベーシストを満足させるアップデートモデルの魅力

こんにちは、Music Gear Japan 副編集長のNAOTOです。今回は、Aguilarの新製品「TONE HAMMER 500 V2」と「AG 500 V2」をご紹介します。どちらもプロフェッショナルなベーシストのニーズを満たすために設計された、強力かつ使いやすいアンプです。

Aguilar「TONE HAMMER 500 V2」の特徴

1. リッチでハーモニックなプリアンプ

「TONE HAMMER 500 V2」は、真空管アンプのような温かみのあるサウンドを提供するリッチでハーモニックなプリアンプを搭載しています。クラシックな3バンドEQにより、ベース、トレブル、ミッドレンジのコントロールが可能で、どの音も奥深く響かせます。

2. ドライブコントロール

Driveコントロールを使用することで、サウンドにディストーションを加え、さらにチューブライクな硬質さとパンチを加えることができます。これにより、様々なサウンドメイクが可能になります。

3. 拡張された接続オプション

Aguilar Cabinet Suiteを使用することで、プレーヤーはSL / DBキャビネットIRをロードしたり、カスタムIRファイルを使用してキャビネット・エミュレーションを行うことができます。2つのXLR端子により、自由にトーンをシェイプし、モニター・ミックスにキャビネットIRを適用できます。

Aguilar「AG 500 V2」の特徴

1. 明瞭でレスポンスの良いサウンド

「AG 500 V2」は、クリアでレスポンスの良いHi-Fiサウンドを提供します。トレブル、ハイミッド、ローミッド、ベースのコントロールに加え、DeepとBrightの広帯域ブーストを搭載し、ベースの自然なボイスを輝かせます。

2. 多彩なEQとブースト

4バンドEQに加え、DeepとBrightのコントロールがあり、ハイエンドを拡げながら、ローエンドに豊潤さと重みを加えることができます。これにより、細かいトーン調整が可能です。

3. 拡張された接続オプション

AGシリーズもAguilar Cabinet Suiteを使用することで、キャビネット・エミュレーションが可能です。2つのXLR端子により、自由にトーンをシェイプし、モニター・ミックスにキャビネットIRを適用できます。また、無音で練習するためのAux Inとヘッドフォン出力オプションも搭載しています。

まとめ

Aguilarの「TONE HAMMER 500 V2」と「AG 500 V2」は、プロフェッショナルなベーシストに最適なアンプです。それぞれの特徴を活かし、ライブやスタジオ、自宅でのセッティングに対応します。最新の製品情報やレビューを随時更新していきますので、どうぞお楽しみに!

詳細はこちらをご覧ください。
Aguilar 【6月22日店頭先行入荷】 TONE HAMMER 500 V2
Aguilar 【6月22日店頭先行入荷】 AG500 V2

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Music Gear Japan
Music Gear Japan
編集部
KAN
Music Gear Japanの編集長であり、サイト全体のコンテンツと方向性を監督しています。彼の情熱は、最新の音楽機材からクラシックな楽器まで、幅広い音楽の世界に広がっています。読者に対して深い洞察と実践的なアドバイスを提供することを目指しています。

NAOTO
副編集長のNAOTOは、音楽プロデューサーとしての経験を活かし、Music Gear Japanのコンテンツ制作をリードしています。彼は特にデジタル音楽機材と最新の音楽テクノロジーに精通しており、常に最先端の情報を提供することに力を入れています。読者に対して革新的で有益な情報を届けることです。
記事URLをコピーしました