その他機材

Universal Audioの新製品「SC-1」ラージダイヤフラムコンデンサーマイク登場!

naoto

Hemisphereマイクモデリングで有名なスタジオマイクのサウンドを再現

こんにちは、Music Gear Japan 編集長のKANです。今回は、Universal Audioから新たに登場したラージダイヤフラムコンデンサーマイク「SC-1」について詳しくご紹介します。このマイクは、高品質なサウンドを提供し、数々のスタジオで使用されてきた有名なマイクのサウンドを再現することができます。

Universal Audio SC-1の特徴

高品位なコンデンサーマイク

SC-1は、高いSPLハンドリング能力と低いセルフノイズを特徴とし、ボーカル、アコースティックギター、ストリングス、大音量のギターキャビネットなど幅広い用途に対応します。内部のウルトラリニア回路と広いダイナミックレンジにより、常にスムーズな録音成果を提供します。

Hemisphereマイクモデリング

このマイクは、Hemisphereマイクモデリングプラグインを使用することで、Neumann、Sony、AKGなどの有名なコンデンサーマイクのサウンドをリアルに再現できます。Apolloインターフェイスと組み合わせることで、リアルタイムのモニタリングも可能です。

高い耐久性と操作性

スタイリッシュで堅牢なデザインのハウジングは、何十年にも渡って信頼性のあるレコーディングをサポートします。マイクマウント、スレッドアダプター、キャリングケースが付属しており、セットアップも簡単です。

仕様

タイプ:コンデンサー
指向性:カーディオイド
周波数特性:20 Hz – 20 kHz
感度:-39 dB
出力インピーダンス:200 Ω
セルフノイズ:12 dB
最大SPL:145 dB
コネクター:3ピンXLR
動作電源:ファンタムパワー 48 V
寸法:162 mm(長さ)× 52 mm(直径)
重量:363 g

使い勝手とユーザーレビュー

ユーザーからは、特に以下の点で高評価を得ています。
高音質:プロフェッショナルな録音品質が得られる。
多機能:Hemisphereマイクモデリングで様々なマイクのサウンドを再現可能。
耐久性:堅牢なデザインで長期間の使用に耐える。

まとめ

Universal Audio SC-1は、高品質な録音を求めるプロフェッショナルに最適なコンデンサーマイクです。Hemisphereマイクモデリングにより、スタジオの定番マイクのサウンドを簡単に再現できるこのマイクは、ボーカルや楽器の収録に即戦力となることでしょう。

詳細はこちらをご覧ください。
Universal Audio SC-1

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Music Gear Japan
Music Gear Japan
編集部
KAN
Music Gear Japanの編集長であり、サイト全体のコンテンツと方向性を監督しています。彼の情熱は、最新の音楽機材からクラシックな楽器まで、幅広い音楽の世界に広がっています。読者に対して深い洞察と実践的なアドバイスを提供することを目指しています。

NAOTO
副編集長のNAOTOは、音楽プロデューサーとしての経験を活かし、Music Gear Japanのコンテンツ制作をリードしています。彼は特にデジタル音楽機材と最新の音楽テクノロジーに精通しており、常に最先端の情報を提供することに力を入れています。読者に対して革新的で有益な情報を届けることです。
記事URLをコピーしました