エフェクター関連

【Floatia Designs】実用性と機能面を兼ね備えた最新ベース用プリアンプが登場!

naoto

進化したサウンドと使いやすさを提供するFETD-07 Amethyst Preamp

こんにちは、Music Gear Japan編集長のKANです。今回は、Floatia Designsの新製品「FETD-07 Amethyst Preamp」についてご紹介します。この最新モデルは、実用性と機能面を兼ね備えたベース用プリアンプです。

FETD-07 Amethyst Preampの特徴

多彩なサウンドコントロール

3バンドEQ+ゲインステージというシンプルかつフレキシブルな仕様で、様々な演奏シチュエーションに対応。新たに追加されたトグルスイッチにより、ノーマル(クリーン)とドライブモードを切り替え可能です。

Deepスイッチによる低域調整

Deepスイッチを使うことで、低域の質感を変化させることができます。BassEQと連動し、より低いローエンドの帯域に作用してサブベース的な低音を付与します。

汎用電源対応

センターマイナス9V電源で駆動可能。一般的なパワーサプライで使用でき、18Vから最大24Vまでの電圧に対応しています。これにより、ボードを含めたトータルセッティングが柔軟になりました。

使い勝手とユーザーレビュー

「FETD-07 Amethyst Preamp」は、その高い実用性と多機能性から多くのベースプレイヤーに支持されています。ライブやスタジオでの使用に最適です。

まとめ

Floatia Designsの「FETD-07 Amethyst Preamp」は、プロオーディオの技術とベースプレイヤーのニーズを融合させた優れたプリアンプです。ぜひ一度、その性能を体感してみてください。

詳細はこちらをご覧ください。
Floatia Designs FETD-07 Amethyst Preamp

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Music Gear Japan
Music Gear Japan
編集部
KAN
Music Gear Japanの編集長であり、サイト全体のコンテンツと方向性を監督しています。彼の情熱は、最新の音楽機材からクラシックな楽器まで、幅広い音楽の世界に広がっています。読者に対して深い洞察と実践的なアドバイスを提供することを目指しています。

NAOTO
副編集長のNAOTOは、音楽プロデューサーとしての経験を活かし、Music Gear Japanのコンテンツ制作をリードしています。彼は特にデジタル音楽機材と最新の音楽テクノロジーに精通しており、常に最先端の情報を提供することに力を入れています。読者に対して革新的で有益な情報を届けることです。
記事URLをコピーしました