エレキギター

【Gibson】ギブソンの伝説的な元社長セオドア(テッド)・マッカーティがデザインした幻のモデル “Theodore” が、オリジナルコレクションにて登場!

naoto

歴史と革新が融合するギター「Gibson Theodore Standard」

こんにちは、Music Gear Japan編集長のKANです。今回は、Gibsonの新製品「Theodore Standard」についてご紹介します。このギターは、ギブソンの伝説的な元社長、セオドア・マッカーティがデザインした幻のモデルで、オリジナルコレクションとして登場しました。

Gibson Theodore Standardの特徴

1957年のオリジナルデザイン

Gibsonのアーカイブで発見された1957年のドローイングを基に開発されたモデル。2022年製のギブソン・カスタム限定モデルとして発売されました。

高品質な素材とパーツ

マホガニー・ボディ、シミタール・ヘッドストック、Grover Mini Rotomaticチューナー、ローズウッド・キャップのスリムテーパー マホガニー・ネックを採用。22フレット全てにアクセスしやすいダブル・フロレンタイン・カッタウェイのデザインです。

パワフルなピックアップ

’57 Classicと’57 Classic Plusハムバッカーピックアップを搭載し、豊かなサスティーンと多様なトーンを提供します。

主な仕様

ボディ: マホガニー
ネック: マホガニー、スリムテーパー
指板: ローズウッド
フレット数: 22
チューナー: Grover Mini Rotomatic
ピックアップ: ’57 Classic(ネック)、’57 Classic Plus(ブリッジ)
フィニッシュ: Antique Natural

使い勝手とユーザーレビュー

「Gibson Theodore Standard」は、その美しいデザインと高い演奏性から多くのギタリストに支持されています。特に、その豊かなサスティーンと多様なトーンが魅力です。

まとめ

Gibsonの「Theodore Standard」は、歴史的なデザインと現代の技術が融合したギターです。ぜひ一度、その性能を体感してみてください。

詳細はこちらをご覧ください。
Gibson Theodore Standard

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Music Gear Japan
Music Gear Japan
編集部
KAN
Music Gear Japanの編集長であり、サイト全体のコンテンツと方向性を監督しています。彼の情熱は、最新の音楽機材からクラシックな楽器まで、幅広い音楽の世界に広がっています。読者に対して深い洞察と実践的なアドバイスを提供することを目指しています。

NAOTO
副編集長のNAOTOは、音楽プロデューサーとしての経験を活かし、Music Gear Japanのコンテンツ制作をリードしています。彼は特にデジタル音楽機材と最新の音楽テクノロジーに精通しており、常に最先端の情報を提供することに力を入れています。読者に対して革新的で有益な情報を届けることです。
記事URLをコピーしました