アンプ関連

【Mesa Boogie】ランドール・スミス氏の50年以上にわたる革新的なアンプ開発のキャリアにおけるマグナム・オーパス『Mark VII』。遂に国内販売開始!

naoto

究極のトーンを追求したMark VII 1×12 Comboの登場

こんにちは、Music Gear Japan 編集長のKANです。今回は、Mesa Boogieの新製品「Mark VII 1×12 Combo」についてご紹介します。このアンプは、ランドール・スミス氏の50年以上にわたるアンプ開発のキャリアにおける最高傑作です。

Mark VIIの特徴

卓越した音質

Mark VIIは、3チャンネル9モードのプリアンプを搭載し、Simul-Classパワーセクションと組み合わせることで、3つの異なるワット数ごとに異なるサウンドキャラクターを提供します。これにより、幅広いジャンルに対応する汎用性の高いアンプとなっています。

多機能なインターフェース

オンボード・グラフィックEQ、リバーブ、エフェクトループ、革新的なパワースイッチング機能に加え、CabClone IR DI Direct Interfaceを内蔵。チャンネルごとに異なるキャビネットサウンドを設定でき、リアルなダイレクトサウンドを追求しています。

コンパクトなデザイン

Markシリーズの中で最もコンパクトな90ワット・アンプでありながら、強力なトーンを提供。ヘッド、ラックマウントヘッド、1×12コンボの3つのバージョンでリリースされ、あらゆるシーンで活躍します。

主な仕様

ワット数: 25W, 45W, 90W(チャンネルごとに設定可能)
パワーチューブ: 4x Mesa 6L6(またはEL-34)
チャンネルとモード: 3チャンネル / 9モード(クリーン、ファット、クランチ、Mark IIB、Mark IIC+、Mark IVなど)
スピーカー: 1×12インチ Celestion Custom 90(8オーム)
サイズと重量: 高さ46.36cm、幅47.63cm、奥行き29.21cm、重量26.31kg

使い勝手とユーザーレビュー

「Mark VII」は、その卓越した音質と多機能なインターフェースから多くのギタリストに支持されています。特に、録音やライブパフォーマンスでの使用に最適です。

まとめ

Mesa Boogieの「Mark VII 1×12 Combo」は、ランドール・スミス氏の最高傑作として、ギタリストに究極のトーンと汎用性を提供します。ぜひ一度、その性能を体感してみてください。

詳細はこちらをご覧ください。
Mesa Boogie Mark VII 1×12 Combo

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Facebookでのコメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
Music Gear Japan
Music Gear Japan
編集部
KAN
Music Gear Japanの編集長であり、サイト全体のコンテンツと方向性を監督しています。彼の情熱は、最新の音楽機材からクラシックな楽器まで、幅広い音楽の世界に広がっています。読者に対して深い洞察と実践的なアドバイスを提供することを目指しています。

NAOTO
副編集長のNAOTOは、音楽プロデューサーとしての経験を活かし、Music Gear Japanのコンテンツ制作をリードしています。彼は特にデジタル音楽機材と最新の音楽テクノロジーに精通しており、常に最先端の情報を提供することに力を入れています。読者に対して革新的で有益な情報を届けることです。
記事URLをコピーしました